記憶術はどんな種類があるのか?

記憶術はどんな種類があるのか?

記憶術に関心が集まっています。実は記憶術は昔から存在していた暗記の方法で、色んな種類があります。

石井式・瞬間記憶術もその記憶術の中に分類されます。コツさえつかむことができれば、誰でも簡単にあらゆるものを覚えることができるのが特徴です。

そもそも記憶術は2500年以上昔から存在していました。その後多くの人がオリジナルの記憶術を開発し、それらは今もなお実用されています。

ではその記憶術というのはどんな方法があるのでしょうか?

それを紹介します。

無料講座を体験する!
石井式・瞬間記憶術公式HPへ

様々な記憶術の方法

記憶術といっても内容はそれぞれかなり違ったりします。ではいったいどんなものがあるのでしょうか。代表的なものを書いていきます。

場所法

場所法というのは、記憶すべき情報を場所や情景と絡めて覚えることで、右脳で記憶した長期記憶と紐づけする記憶術のことを言います。

記憶したい情報を周りの風景とまとめて覚えることで背景を思い出した時に、その情報も合わせて思い出すことができるというものになります。

もちろん場所というのは人によって範囲が異なります。

窓から見える景色や通勤・通学路と言った広い場所から、学校の教室や自分の部屋、さらにはトイレなどの狭い場所まで含まれます。

身近な場所ほど覚えやすいという人間の脳の性質を利用したものとなりますね。

物語法

記憶したい情報を物語化して覚える方法です。

覚えたい内容をそのまま丸暗記すると、脳の中では短期記憶として扱われてしまうので、頭に記憶されている期間が短くなってしまうことがままあります。

しかし、記憶したい情報をあらゆる形で紐づけして物語とすることにより、情報にインパクトや感情が絡まりより忘れにくい情報として脳に残りやすくなります。

この違いは物語にはその人の感情が移入しやすく、それによってより忘れにくい記憶として脳に定着すると言われています。

この性質を利用して、単語や文法を部分で記憶するのではなく、ある程度ストーリー仕立てで覚えていくのが物語法と呼ばれる記憶術での覚え方と言われてます。

記憶術は古今東西たくさんあります

ここで紹介した記憶術以外にも様々な方法がたくさんあります。

もしこれらの方法でピンとくるものがなかったら、いろいろ検索して自分に合った記憶術を探してみるのもいいでしょう。

石井式・瞬間記憶術は今までのやり方を取り込んだ最高の記憶術になります。

もしこれらでピンとこなかったら試してみるといいでしょう。

無料講座を体験する!
石井式・瞬間記憶術公式HPへ
TOPページを見る