社会人で資格勉強するためには?

社会人で資格勉強するためには?

資格を取得するためには勉強時間を確保することが絶対必須です。ところが、学業がメインである学生ならともかく普段仕事をしている社会人の中には、この勉強する時間を確保するのが難しいです。

資格を取得したいのであれば、抱えている仕事を減らしたり自宅でゆっくりする時間を削ったりして勉強時間を作ろうとしても、なかなかうまくいかないことも多いこともあります。

石井式・瞬間記憶術と言えども勉強しないと流石に難しいところがあります。

ではその時間はどうやって取ればいいのでしょうか?

無料講座を体験する!
石井式・瞬間記憶術公式HPへ

時間を作る方法はどういうやり方か?

忙しい合間を縫ってどのように時間を作ればいいのでしょうか?それは自分の生活パターンを見直すことにも繋がります。

無駄な行動をなくす

社会人は忙しいです。それはどんな人でも1日は24時間しかありません。

勉強に限らず、この24時間をいかに上手に使うかが結果に大きく左右します。

社会人の場合、もちろん職種や残業の有無によって始める時間や家に帰る時間は異なるものの、勉強できる時間は平日であれば家に帰ってから翌日仕事に向かうまでに限られます。

しかしこの中にかなり無駄な時間があったりしますし、仕事ものんびりしているところがあります。

仮にその時間が1時間だとすると5時間も週に変わってしまいます。

この時間を勉強時間に充てれば、高確率で勉強する時間は作れますよね。

睡眠時間は削らない

勉強の習慣化ができない人の多くは、勉強時間を捻出するために睡眠時間を削ってしまいますが、実はこれは逆効果です。

睡眠時間が短くなればなるほど体の疲れも取れなくなるため、日が経つにつれて勉強の効率が悪くなってしまいます。

そうとは知らずに削って時間を増やす人は多いです。

さらに、睡眠時間中にその日入ってきた新しい記憶を脳が整理してくれます。

しかし睡眠時間が短いとこの整理が不十分でなくなるため、覚えても忘れやすいです。

睡眠時間の削減は勉強をしている時間を増やすという物理的なことだけなので、メリットは全くありません。

まとめ

試験に合格するためには勉強は必要不可欠です。そして勉強するためには今の生活習慣から勉強する時間を捻出する必要があります。

石井式・瞬間記憶術で時間は加速していますが、ある程度の勉強の時間は必要でしょう。

そんな無駄な時間を短縮することで勉強時間を作ることができますし、その時間を有効に使うことで社会人になっても資格を取得することができます。

無料講座を体験する!
石井式・瞬間記憶術公式HPへ
TOPページを見る