石井式・瞬間記憶術と英語

石井式・瞬間記憶術と英語

日本でとれる英語力を示す資格はいくつかの種類が存在しています。社会人にとって多くは受験制限はないので好きに受験できることができます。

自らのレベルやキャリアに合わせて勉強し取得を目指していくことが一番いいかなと思います。

しかし、資格の種類が多いのでどれを取ると意味があるのかわからないときがあります。

そこで、社会人が特に挑戦することをおすすめしたい英語の資格を見ていきましょう。

無料講座を体験する!
石井式・瞬間記憶術公式HPへ

英語の資格の種類

英語は社会人にとって必須と言えます。しかし英語ができるというのはどうすれば証明できるのでしょうか?そのためにあるのが資格です。

資格を取得することで、受験や就職・転職活動で有利になるなど、得られるメリットはたくさんあります。

ではどんな資格があるのかここで確認しましょう。

英検

英検は、実用英語技能検定の略称であり日本英語検定協会が主催する英語技能の検定試験です。

日本でもよく親しまれているこの英検は試験を受ける際の年齢制限はなく、子どもからお年寄りまで実に幅広い年齢層の方が受験する人気の検定です。

英検は中学初級レベルの理解度を測る5級から、大学上級程度の英語力を問う1級まで分かれており自分の学習レベルよってチャレンジする試験を選ぶことができます。

日本国内の企業での認知度が高いということもあり就職活動をする学生に人気のある試験です。

TOEIC

TOEICとは「TestOfEnglishforInternationalCommunication」の略称であり、国際コミュニケーション英語能力テストのことです。

英検と比較して日常会話の他、ビジネスの場面を想定した問題が多く出題されるということもあり、就職を考えている大学生やスキルアップを目指している社会人が受験することの多い試験です。

一部の企業で新卒、中途採用時の評価基準として採用されることもあり、大手企業への就職を目指す学生は受けておくべきです。

受験者の正答率によって990点を満点とした独自のスコアがつけられます。

800点からは英語が強みといえるほどの能力があると企業でも重宝され、900以上となると取得率は3~4%であり極めて希少な人材と言われています。

英語の資格のまとめ

英語の資格や試験にはそれぞれ異なった特徴があり、活躍するシーンも実に多様です。

そのため今後資格取得を目指す際には、自分が英語をどんな場面で活かしたいかを考えることがとても大切ですね。

記憶術を駆使すれば点数アップはそんなに難しくありません。

無料講座を体験する!
石井式・瞬間記憶術公式HPへ
TOPページを見る